ホルモンバランスの乱れ~主な原因~

ストレス
女性のホルモンはかなり繊細で影響を受けやすいです。そのため自分自身自覚が無いような些細なストレスでもホルモンバランスが乱れることがあります。

たとえば旅行の時、部活の大会、なにか大きなイベントがあった時に、生理が来るはずの日に来なかったりした経験はありませんか?こういった緊張状態が続くときには、体にストレスがかかっていてホルモンバランスが乱れます。それが月経の周期にもあらわれてしまったりするんですね。

更年期
40~50代を迎えて訪れるのが「更年期」。閉経することで急にホルモンが分泌されなくなり、それに体が対応するまでに時間がかかります。年齡による症状は体の様々なところに不調が出てきますが、ホルモンバランスの影響による症状として代表的なものがこの症状です。

また、女性はこの更年期の他にも思春期がホルモンのバランスを大きく崩す時期です。女性の生涯の中でもこの「更年期」と「思春期」は自分ではコントロールすることができないホルモンの大きな乱れが訪れる時期なのです。

生活習慣
小さい手日々の生活習慣が悪いと体のサイクルが乱れますので、睡眠不足や食事制限による栄養の偏りなども厳禁です。とても繊細で影響を受けやすいホルモンのバランスだからこそ、無理をするとすぐに体に現れます。

また、体のバランスを整えることで、赤ちゃんが授かりやすい体作りにもなります。月経不順による無排卵や排卵障害になる可能性もありますので、規則正しい生活と日々生活で、なるべく体をいたわってあげてください。

どんな症状がでるのか

ホルモンバランスが崩れると以下のような症状が出てしまう恐れがあります

  • 月経の乱れ
  • 年齡による体の悩み
  • 肌トラブル

月経は女性ホルモンの影響を強く受けます。それは月経の時期がずれるだけではなく、その重さが酷くなり日常生活に支障が出てしまうくらい重症になってしまう可能性もあるのです。

また、急に女性ホルモンが分泌されなくなり、体が対応しきれず不調が出てしまうことがあります。
今は40代以上特有の年齡トラブルではなく、20代・30代の若い人でも症状が出てしまう方もいるので、すべての女性に注意が必要です。

肌表面の健全なサイクルも、女性としての体のサイクルが正常に回っていなければ影響がでます。肌トラブルが多くなったり、シミや乾燥という症状が表れてしまうかもしれません。

ケア・対策方法

ホルモンの分泌が減少してしまうことに対しては、有酸素運動が効果的と言われています。ジョギングや水泳などを定期的におこなうことで、急激なホルモン分泌の減少などに体が対応することができるでしょう。

女性ホルモンが少なくなってしまうのを補うのに、食品から補うという方法もあります。
大豆イソフラボンの中にはエストロゲンに似た働きをする”植物性エストロゲン”が入っています。
もしくは、アミノ酸・ミネラル・ビタミンを豊富に含んだ食品でお肌や体のバランスを整えることが可能です。

>>>アミノ酸・ビタミン・ミネラルでバランスを整える補助食品

このページの先頭へ