目のクタクタによる症状と原因

目のクタクタ感には大きく分けて、休憩を取ればケアする「眼疲労」と、休憩を取っても症状が残ってしまう「眼精疲労」の二つに分けられます。

眼精疲労は特に目のかすみや充血と言った症状の他にも、胃痛や重いお腹など体の他の部位にも影響を及ぼす可能性があります。それではなぜ眼精疲労に陥ってしまうのでしょうか。

原因は人それぞれです。元々目が近視や乱視、老眼などの疾患があると、より目が重くなってしまいます。また、仕事でPCをよく使う人や、スマートフォンなどの電子機器を長時間見ている人は、目に疲労がたまりやすいでしょう。

そして意外と知られていない事ですが、精神的なストレスも目にクタクタ感を感じさせます。これは目のピントが自律神経によっておこなわれているため、ストレスを強く受けるなどすると、自律神経が乱れて目のピント調整機能がうまく機能しなくなってしまうのです。

病気になる可能性

目の疲れ目の不調は目の症状だけに留まらないかもしれません。慢性的なくたびれた目は、肩こりなどに繋がります。また、頭痛や不眠といった症状がでたり、胃痛や重いお腹になってしまう可能性もあります。

ドライアイもくたびれた目によって引き起こされます。常に目が乾き、不快感を感じるようになります。これは非常にフラストレーションが溜まる症状で、頻繁に目薬を打つなど、常に目の不快感が気になって仕方なくなってしまいます。

また、体の異常ではありませんが、目に蓄積したものが溜まっている人は表情も険しくなってしまいます。眉間にシワを寄せてPCやスマホを見る女性は美しくありませんよね。女性として好ましいことではありません。

ケア・対策方法

比較的軽い症状であっても、きちんと目を休めてあげることが大切です。短時間で効果的なこととして、「蒸しタオル」で目を温めてあげることがよいでしょう。気持ちが良いだけでなく、目の周りのめぐりがよくなり、蓄積したものを取り除いてくれます。

目薬を定期的にさすのも一時的には良いでしょう。不快感を感じたまま放置することで、よりクタクタ感が溜まってしまう悪循環が生まれます。

また、目がくたびれやすい人は眼科に行き、目に疾患がないかどうかを診てもらうと良いでしょう。なんらかの不具合があって視界が妨げられていれば、目に負担がかかってしまいます。自分にあった眼鏡やコンタクトを使い、目に負担をかけないようにすることも重要です。

このページの先頭へ