しみ・そばかすの対策

年齡によってできるトラブルの原因は「紫外線」の影響が大きいです。肌が紫外線を浴びると、メラノサイトという色素が発生します。このメラノサイトは紫外線からの害を守るために、メラニン色素を発生させて肌を黒くしようとします。この色素が肌に沈着して面積が広がってしまうことで、目で見てはっきりわかるほどに、肌トラブルが大きくなってしまいます。

しかし、紫外線を浴びたからといって、すべての人が同じように肌トラブルが大きく発生してしまうわけではありません。肌トラブルが生まれやすい原因が、日々の生活の中にあるのです。

健康で綺麗な肌を維持するために、日ごろから注意をすることが大切です。

しみを作らないためには

肌のターンオーバーとビタミン肌はサイクルを繰り返し、古い皮膚は剥がれ落ち、新しい肌が生まれます。

このサイクルが正常に働いているのであれば、肌の中で生まれた色素も外に排出されます。しかし肌の正常な循環がおこなわれていないと、内部に色素が留まってしまい、消えないものになってしまうのです。

肌のターンオーバーを正常にしてあげるためには、普段の生活を規則正しくする必要があります。ビタミンやミネラルが豊富な食事をこころがけましょう。ビタミンCは年齡を感じさせる原因を少なくする作用を持っているので、皮下組織を傷つけることから守ってくれます。

ビタミンCと相性が良い”卵”や”鶏肉のささみ”といったたんぱく質豊富な食品も同時に取るべきです。

現在、ピーリング石鹸というものもあるので、これもチェックしたい商品。お肌に適度な刺激を与えてくれることで、ターンオーバーを促します。

それでもしみ・そばかすが出ちゃったら

日々の生活の中で肌を守り、時間をかけて新しい健康な肌をつくりましょう。日本人の場合、年齡のサインができている部分は皮膚の中でも浅い表面部分であるケースが多いです。健康なターンオーバーが繰り返されることで、年齡のサインは薄くなって目立たなくなります。

自力でのケアが難しい場合、最後の手段としてクリニックで相談することも良いでしょう。クリニックで外用薬を処方してもらうことは、非常に効果的です。市販の美白化粧品は紫外線から肌を守る「健康なカラダをサポート」する役割であるのに対して、クリニックで処方される外用薬は肌の中に留まってしまった色素を少なくしてくれる役割を果たしてくれます。

また、レーザーケアなどの技術によって、目立たなくすることも可能です。しかし年齡のサインができてしまっている根本の原因をケアしない事には、再度年齡のサイン・そばかすは発生してしまいます。普段の生活の中で美しい肌をつくることができる環境を整えましょう。

このページの先頭へ