美容に良いビタミン

美容を気にする女性にとって欠かせないのが、食材からとる「ビタミン」です。欧米化した日本人の食生活では近年、ビタミンやミネラルが不足する傾向が見られます。

しかしビタミンを十分に取ることで、アンチエイジング効果や、弾力のある健康な肌の生成を助けてくれるのです。

代表的な美容効果があるビタミン

ビタミンC
ビタミンCとフルーツビタミンCが美容に良いことは周知の事実ですが、なぜ良いか知っていますか?

ビタミンCは紫外線によって肌に生成されてしまうメラニン色素の発生を抑えてくれる働きがあります。

年齢を重ねるごとに肌にはシミやそばかすなどができやすいですが、ビタミンCをとっていれば防ぐことができるのです。

また、肌の弾力のもとである「コラーゲン」。これを直接作るわけではありませんが、作る過程でビタミンCは必要です。ビタミンCは弾力ある綺麗な肌をつくるために欠かせないビタミンなんですね。

ビタミンE
肌を傷つける美容の大敵なのが”酸化”です。肌の中でこの酸化が起きてしまうと、紫外線など外部からの刺激を受けた時にシミの原因になってしまったり、悪さをしてしまうのです。この酸化を防いでくれるのが「ビタミンE」。これはビタミンCとの相乗効果も期待ができるもので、アンチエイジングのためのビタミンとして代表的です。

ビタミンをよく取れる食材

ビタミンにも色々ありますが、それぞれのビタミンが豊富に含まれている食材の代表例として、以下のものがあります。

ビタミンA
レバー、モロヘイヤ、ホウレンソウ、にんじん、ウナギ
ビタミンB1
豚肉、鮭、大豆、小豆、玄米
ビタミンB2
レバー、牛乳、納豆
ビタミンB6
かつお、鮭、秋刀魚
ビタミンB12
レバー、あさり
ビタミンC
アセロラ、苺、レモン
ビタミンD
カワハギ、秋刀魚、きくらげ
ビタミンE
ニジマス、アーモンド、ヘーゼルナッツ

やはりレバーは有名なだけあって、ほとんどのビタミンを豊富に含んでいますね。なかなか毎日レバーを食べ続けることは難しいかもしれませんが、意識して取り入れていきたいですね。

美容に良いビタミンが豊富な食材

・レタス
レタスはビタミンミネラルが豊富な食材です。特にビタミンA・ビタミンCが豊富で、コラーゲンの生成を助けてくれるほか、免疫力が向上して体調を崩しにくい健康な体をつくってくれます。

・トマト
トマトはビタミンAやビタミンCが豊富な他、抗酸化作用がある「リコピン」が豊富です。肌の中の参加によるダメージを弱めてくれ、老化の進行も防いでくれます。

このページの先頭へ