美容に良いミネラル

ミネラルは100種類以上種類があり、それぞれの役割は異なります。どれも必要な摂取量は非常に微量ですが、そのわずかな量が足りていないだけで体に大きな影響を及ぼします。

ミネラルミネラルが不足しがちな人には”過度なダイエットをしている人”が多く見受けられます。女性には生理がありますので、その際にミネラルは体外に出てしまい、男性に比べて不足しがちです。

食事制限などで十分な食材を摂取できていないと、すぐにミネラル不足に陥って、体に不調として表れてしまいます。

すぐに疲れてしまうようになったり、爪や髪の毛といった末端部分が弱くなってしまうのも、ミネラル不足による影響を言えるでしょう。

ミネラルの役割

・心臓を正常に働かせる
マグネシウムは心臓を正常に働かせる役割があり、カリウムは一定の鼓動を保つ役割があります。この2つが不足していると、”動悸””息切れ”といった症状が出ることや、疲れやすい体質になってしまうことが予想されます。

・精神状態の安定
カルシウムやカリウムには神経の興奮を抑える働きがあります。イライラしている人に対して「カルシウムが足りていないのでは?」と言うのは、この理由からきているんですね。感情を上手くコントロースすることに役立ち、ストレスを減らすことにも力となります。ストレスは女性ホルモンのバランスを崩し美容に悪影響を与えるため、ストレスを溜めこみにくい体をつくるためにも大切です。

・免疫力アップ
ミネラルの中でも「亜鉛」は免疫細胞の成長に必要な成分です。免疫力を高めるのはもちろん、抗酸化作用によってアンチエイジングの観点からも重要な成分と言えます。

ミネラルが豊富な食材

ミネラルが多く含まれている食材として代表的なものは下記のような食材です。ただし、ミネラルの種類はたくさんあるので、どの食品もすべてのミネラルを豊富に含んでいるわけではありません。つまり色々な種類の食材を同時に食べる必要があります。

ひじき・・・カルシウム・カリウム・マグネシウムが豊富
アーモンド・・・マグネシウム・銅
インゲン豆・・・カリウム・マグネシウム
大豆・・・カリウム・マグネシウム・銅

また、野菜も1年のうちで”旬な時期”に採れた野菜はビタミン・ミネラルが豊富であるとされています。自然の恵みの中から、その時旬な野菜を食べてミネラルを取り入れましょう。

ミネラルが不足しがちな現代日本人は、ミネラルが豊富に含まれた食品を多く摂取したいところ。しかし気をつけなければいけないのが、取り過ぎが体に悪い影響を与えるリスクがあるということです。ナトリウムは動脈硬化や高血圧になる可能性があります。

このページの先頭へ