アルギニンって?

アルギニンはアミノ酸の中でも、”非必須アミノ酸”に分類されます。”非必須”ってことは必要ないの?摂取しなくても良いの?と思うかもしれません。

非必須アミノ酸とは体内で生成することのできるアミノ酸のことを言います。そのため必ず食材から摂取しなければ取り入れることができないわけではないので”非必須”と呼ばれています。

しかしこの体内で生成されるアルギニンは、体の機能を維持するために十分ではありません。そのため、食材からも摂取して”補完”しなければいけないのです。

更に乳幼児や成長期子供には影響は多大です。まだ体が小さい頃はアルギニンの生成量が少ないにも関わらず、体は成長のために多くのアルギニンを必要とします。成長に欠かせないものなので、親御さんは子供の食事にも注意して不足しないようにしてあげましょう。

アルギニン摂取するメリット

アルギニンの働きには、血管を広げて身体のめぐりを良くするという効果があります。また、体内にあるアンモニアを体外に排出するのを助ける役割もあります。「なかなか気力が上がらない」「くたびれやすい」と感じているならば、アンモニアが原因となっているかもしれません。

そのため、アルギニンは体調不良を和らげたり、筋力をつける助けをしてくれるとされていて、スポーツ選手も意識している成分のひとつです。

アルギニンを摂取するメリット

  • クタクタの身体ケア
  • 生活習慣病の予防
  • エイジングケア

アルギニンは身体の元気を促進すると言われています。そのことで傷のケアが早くなったり、健康的な肌の生成を助けたりといった働きをしてくれます。この働きというのは子供の成長にも密接に関わるので、成長期の子供にも必要な成分です。

また、男性機能の向上にも効果が高いとされていて、ED等にも使われていますね。

アルギニンが多く含まれている食材

アルギニンアルギニンが多く含まれている食品は「くるみ」「マカ」「落花生」「大豆」「のり」「ごま」などです。

アルギニンを摂取できるサプリメントも多く販売されています。健康補助を目的としたものから、女性の美容を補助するもの、男性機能を向上させるためなど、目的はそれぞれです。
良いことだらけのアルギニンですが、あえて短所をあげるとするならば、アルギニンだけだと臭いが非常に悪いです。そのためアルギニンサプリメントなどは、この匂いが原因で続けられない人もいるくらいです。

しかし他の食品と一緒に摂取したり、元々アルギニンが多く含まれる食品を食べれば、アルギニン単体の独特の匂いは気になりません。「くるみ」や、今話題の「マカ」など摂取するのも良いでしょう。

アルギニンを豊富に摂取するには

このページの先頭へ