経済的美容アイテムの定番ヨーグルトの活用ポイント

ヨーグルトは食べて良し、塗って良しの万能美容選手!

ヨーグルトと言えば長寿食とも言われていますし健康に良いというイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、実は美容面でも大いに役立つ発酵食品であることを知っていますでしょうか。

ヨーグルトには乳酸菌が含まれているので、腸内で善玉菌を増加させて腸内環境を整える働きがあります。さらに腸の動きを活発化させることにも繋がりますから、便秘解消効果や大腸ガン予防も期待できるのです。

また、この発酵食品の中には公的な機関からその有効性が認められている特定保健用食品になっているものもあります。花粉症やアトピー性皮膚炎に効果が期待できるものや、胃がんの原因となるピロリ菌の働きを抑えるものなど、症状に合わせた機能性ヨーグルトも多数販売されています。

このように健康面で大きな期待が寄せられているヨーグルトですが、さらにヨーグルトに含まれているフルーツ酸には古い角質層を除去する働きがあると言われており、パックとして利用することでお肌が若返ったと実感している人が多いようです。市販でもこのパックを試せるグッズが増えてきているようで、最近大きな話題を集めています。

その話題を集めているヨーグルトを利用したパックの方法についてご紹介します。ヨーグルトと米粉を混ぜてペースト状にしたものを毛穴の黒ずみが気になる場所に塗り、馴染ませて少しおいた後に洗い流すと毛穴の黒ずみがキレイになるようです。

さらにこのパックには米粉と同じようにしてココアと混ぜたり緑茶と混ぜるのも効果的なようです。保湿効果が期待できるハチミツやオリーブオイルと混ぜても美容効果が高まるようです。

このパックをする時の注意点としましてはプレーンのヨーグルトを使うようにして、肌からパックが垂れてしまう場合は小麦粉を混ぜると良いそうです。

ヨーグルトにはピーリング作用があるので週に2、3回ぐらい行うのが丁度良いようです。また体質によっては肌トラブルが起こる可能性もありますから、その場合は止めるようにした方が良いでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ