納豆のイソフラボンパワーで得る美容効果のこと

1日1回納豆を食べてイソフラボン美容を習慣化しよう

今や健康と美容に欠かせない存在となっているイソフラボン。イソフラボンを摂取するには「経口摂取」と言って、サプリメントまたは食品から摂取するのが好ましいとされています。

なかでも納豆による摂取は低カロリーで済みますし、イソフラボンを身体全身に行き渡らせることができるといった健康・美容効果があります。それから低価格でありながら、それがあるだけでご飯のおかずになるといったメリットなどからイソフラボンを摂取するのに最も効率的な方法として広く認知されています。 

また、納豆にはナットウキナーゼという成分が含まれています。この成分も、実は納豆からイソフラボンを摂取する上で重要な点です。このナットウキナーゼには血栓溶解作用があって、血液をサラサラにする役割があるのです。

イソフラボンが身体全身に行き渡るには、サラサラした血液が不可欠です。つまり、このナットウキナーゼはイソフラボンが身体全身に行き渡る手助けをしてくれるのです。しかも、この効果は納豆を食べることでしか得ることができません。

「身体に良い」とされているものは誰でも摂取したくなるものですよね。イソフラボンにしたってそう。けれども、どんなものにもその効果が出る「量」が決まっています。なかには良い効果を期待して多めに摂取したのにたいして効果が出なかったり、いわゆる過剰摂取のために悪い効果が出てしまったというケースもあります。これでは意味がありませんね。

納豆は、例え多めに食べたとしても身体から排出されるだけ。なのでたくさん食べればいいというわけではありません。イソフラボンの1日分の摂取量は40~70mgか望ましいとされています。

これはちょうど納豆1パック分の量です。1パック分であればいつでも手軽に食べられますから、イソフラボンの摂取も簡単ですね。高い美容効果を期待するのであれば、欲張らずに1日1パックの納豆を食べる。このことを常に心掛けてください。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ