ヒザ下も手を抜かないマッサージ活用の美容テク

自宅で出来るヒザ下マッサージで簡単美容

ヒザヒザ下のふくらはぎは筋肉の劣る女性、特に日常的にヒールの高い靴を履く女性にとって、とてもむくみやすい部位です。

ふくらはぎや足首が太いと、足が余計に太く見えてしまいます。ヒザ下のマッサージは、ふくらはぎのむくみ解消に繋がります。

しかし、がむしゃらに揉んでいればいいというわけではありません。足には様々なツボがあります。きちんとした手順を踏んでこそ、美容に繋がるのです。

マッサージをする際に外してはいけないツボはヒザの周り、スネの“足三里(あしさんり)”、足首とくるぶしの周り、足の裏、そしてヒザの裏です。特に最後のヒザの裏には老廃物が溜まりやすいので、足全体をマッサージした後、必ず押して老廃物を流してください。

ヒザ下マッサージの利点は、椅子に座ったままでも出来るということです。例えば椅子に座ったまま、テレビを見ながらでも、友達と雑談をしながらでも行うことが可能です。思い立ったらすぐに実行できます。ツボを押すと強い痛みを感じることがありますが、美容のためには我慢しましょう。

まず最初にヒザの周りを円を描くようにマッサージし、ヒザ下の足三里というツボを通過して足首まで流します。足三里はスネの外側にあり、ややへこんでいる部分です。

押したら痛みを感じるので、すぐに分かります。次に、両手で足首やくるぶしを絞るようにマッサージします。足首には冷え性に効くツボや子宮に関するツボが密集しているので、ヒールを履く女性は特に入念にほぐしましょう。

足首が終わったら、足の裏に移動してください。足の裏は、まず手の平でこすって温めてから内側から中央へ流すように強く押します。このツボは腎臓、副腎、尿管、膀胱などを刺激し、むくみに効きます。仕上げに手の指を足の指の間に挟んで回し、ヒザ裏を強く押してください。美容マッサージはお風呂上りなど、身体が温まっている時に行うとより効果が期待できます。

>>女性特有の身体の悩みって?

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ